セフレ欲しいと思ったらどうすればいいですか?

セフレ欲しいと思ったらどうすればいいですか?

セフレ欲しいと思ったらどうすればいいですか?

【 セフレ欲しいと思ったらどうすればいいですか? 】特に出会い系サイト初心者にとって、いかにしてセフレと出会うかというのはそれなりに重要な問題だと思います。

しかしながら、セフレとの出会いを求めているからといって、何か特別な行動を取る必要はありません。

例えば、今あなたがごく普通の出会い系サイトを利用していて、それがなかなか優良なものであったとしましょう。

多くの人が利用している老舗のサイトです。

本来、そういう良いサイトに登録することができたなら、よほどの事情が無い限りサイトを移動する必要もありません。

セフレが欲しいからといって、今現在自分が登録しているサイトをやめて、わざわざセフレ専門の掲示板に登録し直す人がいるのですが、そんな心配は無用なのです。

もし、なにがなんでもどうしてもセフレ専門の掲示板を利用したいということであれば、それまで利用していた一般的な優良サイトは退会せずに、複数のサイトを併用するという形で考えてください。

セフレが欲しいと思い立った人にとっても、普通に恋人を探したいと考える人にとっても、最も適しているのはやはりごく普通の出会い系サイトなのです。

だからこそ、セフレとの出会いを求めているという人は、他人まず老舗の優良サイトに登録してください。

もちろん、サイトにただ登録するだけでは出会いは生まれません。

サイトに登録してひとまず落ち着いたら(ある程度までサイトの利用法が飲み込めたら)まずは、サイトに登録している女性会員の中からめぼしい人を選び出してメールしてみましょう。

一対一のメールのやり取りに持ち込むことなど、この時点ではまだ考えることさえ時間の無駄です。

誰との関係が上手く行くかは分からないので、とりあえず複数の女性に似たようなメールをまとめて送ればいいのです。

例えば、「○○にとてもおいしいラーメン屋があるのですが、お腹すいている人、行きませんか?」
というような、単純極まりないような誘いのメールでもいいのです。

下手に恰好をつけたメールより、むしろこういう気軽な誘いの方が乗りやすいという人は、案外たくさんいるでしょう。

基本的に、出会い系サイトを利用してメールを熱心に読むのは、あなたがメールを送ったタイミングでサイトにログインしている人だけです。

他の会員がサイトにログインしているかという情報については確認できますので、こういう誘いのメールを送る相手は、その時にサイトへログインしている人に限定しましょう。

もちろん、セフレとの出会いを求めて出会い系サイトを利用している人以外は、こんなナンパもどきのメール、始めから見向きもしないでしょう。

それでいいのです、あなたが求めている出会いがセフレとの出会いだと言うのであれば、セフレとの出会いを求めていない女性と知り合ったところで、完全に時間の無駄にしかなりません。

はじめから、利害が一致する相手だけに狙いを定める

セフレとの出会いを求めているかどうか、という問題だけではなく、実際に出会った二人の性格や趣味、価値観などがどの程度合致するのかという問題も重要です。

性格が完全に一致している人はいないでしょうから、一致する部分がある程度大きいと言うだけでいいのです。

男女間における性格の違いは、それが大きすぎるともちろん喧嘩の原因になりますが、あまりに意気投合しすぎる男女も、実は長続きしないのです。

屁理屈に聞こえるかもしれません、けれども、過度な仲良しカップルがどうして長続きしないのかというと、お互いに依存しすぎてしまうからです。

たとえどのような理由があったとしても、お互いに寄りかかりすぎるのは理想的なこととは言い切れません。

お互い、一人でいたいと思うことだってあるでしょう。

男がどうだからとか、女がどうだからとか、そういう話は関係ありません。

人間は本能的に、孤独を愛することだってあるのです。

カップルの男女の性格があまりにも似すぎていると、下手をすれば欠点まで完全に同じであるということも考えられるので、同族嫌悪みたいな心境になってうまくいかないということもあるそうですよ。

オススメサイト

せフレbbs〜gotazkaen studio〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">